薬剤師になった!派遣薬剤師として働ける色々な仕事

薬剤師の仕事場所の典型は調剤薬局

薬剤師になれたときにその職能を発揮したいと考えたら典型的な仕事場所は調剤薬局です。派遣で仕事を探していても最も目につくのは調剤薬局の仕事でしょう。調剤と服薬指導の二つは薬剤師になったからこそできるものであり、それを中心業務として働けるのが調剤薬局の特徴です。一度スキルが身についてしまえば多くの職場で応用できるので、派遣で安定して働けるようになりたいという人にとっては調剤薬局の仕事が適しているでしょう。

ドラッグストアで営業も担当

調剤業務の頻度が少し減るものの、ドラッグストアで働くのは派遣でよく選ばれる働き方です。調剤業務に比べると営業や在庫管理の仕事が増えるのが特徴と言えるでしょう。調剤受付をしていてもあまり処方箋がない場合も多く、一般用医薬品や食品、衛生用品などの販売にかかわることがよくあります。一般用医薬品についての説明を求められたときに活躍することになるため、医療用医薬品よりもむしろ一般用医薬品について詳しくならなければならないでしょう。

企業や検査センターで臨時の研究員も可能

企業や検査センターなどからも薬剤師の派遣が求められることがあります。一般的には調剤薬局やドラッグストアに比べて短期の派遣となり、検体検査や研究開発のサポートを行うのがよくある仕事です。患者とのやり取りよりも物質としての薬を向き合いながら仕事をすることになるのが特徴であり、患者に合わせる必要なく業務ができるのが魅力となるでしょう。経験が重視される場合が多いので、一度獲得できるとリピートしやすい仕事です。

薬剤師の派遣の給料は、経験年数や派遣会社の人事のシステムによって、大きな差が出ることが特徴として挙げられます。