剛毛ガール朗報!お金を掛けずにふんわりカールを作る方法

剛毛はデメリットだらけ?

髪の毛が太くて、すんなりまとまらない。雨の日は大爆発してしまう。そんな剛毛の女性は多いと思います。ですが、女優さんやモデルさんはすんなりとまとまって、きれいなロングヘアーですよね。最近は耳から下の髪の気をくるんとカールさせるのが人気です。髪の毛のまとまらない剛毛さんには不向きかと思いきや、実はたった二つのことで、ロングのふんわりカールが実現するんです。しかもヘアアイロンや整髪剤は使いません。髪の毛にもお財布にも優しい簡単テクを見に付けましょう。

ヘアサロンで言う言葉は一つ。「梳いてください」

剛毛さんは髪の毛を伸ばすと漫画のキャラクターのように広がっていってしまいますよね。だから諦めてセミロングよりも短くしている方も少なくは無いでしょう。ですが魔法の言葉があります。「梳いてください」これだけです。剛毛さんは毛髪量が多いので、梳くだけで髪の毛が落ち着きます。泣く泣く髪の毛をカットする必要はありません。定期的に梳いてもらうだけで大丈夫です。しかもこれはシャンプーやトリートメントの使用量が減るという嬉しいおまけつきです。ただし、天然パーマの方は、根本はあまり梳かないようにしましょう。

髪の毛を乾かす時に指でくるくるするだけでカール持続

梳いて髪の毛が落ち着いたら、いよいよカールしましょう。これも簡単です。お風呂上りに髪の毛を乾かしますよね。その時に、終盤は冷風で髪の毛の熱を取るように乾かします。その時に、髪の毛を大まかに二つに分けます。子供の頃ふたつ結びをしていた時のように、肩の部分で髪の毛を二つに分けます。そして指でくるくるとカールさせます。左右同じ回数と強さでくるくるしましょう。剛毛さんは髪の毛が形状記憶するようなところがありますから、それを利用するんです。たったこれだけで、さりげないふんわりカールが1日持続しますよ。剛毛さんだからとヘアスタイルが決まらないなんて思わないで、ふんわりカールを楽しみましょう。

ヘアメイク派遣の業務内容は、それぞれの職場によって、大きな違いがありますが、常に専門の技術力を高めることが肝心です。